北海道道東地区

  •        
2017年5月24日

【北海道道東地区】2017 新入生父母説明会・懇談会の報告

明治大学北海道道東地区父母会による2017年新入生父母説明会・懇談会が、平成29年5月7日(日)、帯広市の十勝ガーデンズホテルにて開催されました。

この新入生父母説明会は新入生父母の入会を歓迎するとともに、少しでも明治大学や明治大学父母会を知っていただこうと、平成25年から実施しているもので、今年で5回目の開催となりました。

また、これまでに新入生父母の集まりが少なかったために、昨年からは新入生父母の会費を無料とし、この説明会の案内文章や案内封筒には、「M」のシンボルマークや「めいじろう」のキャラクターを使用しました。そのことにより、新入生父母の皆さんの関心が高まり、その結果、13家族18名の父母の参加となり、そのうち新入生父母は5家族6名の参加者数となりました。

当日は天候にも恵まれ、十勝晴れの下、午前10時45分から受付が始まり、説明会は午前11時から1時間の予定で開催されました。

総合司会の小椋良樹副会長の進行により、初めに高橋万寿夫会長より「皆様の父母会へのご入会を歓迎したい。本日の説明会により明治大学と父母会を知っていただき、懇談会では父母同士の交流により子供の大学生活や就職などの生の声を聞いて参考にしていただきたい」と挨拶がありました。

続いて、会議資料に基づき、高橋会長より、明治大学の理念や「5分でわかる父母会講座」と題した明治大学父母会の組織・事業活動についての説明があり、さらに2016年父母会活動や2017年父母会行事予定の概要説明がありました。

次に、道東地区父母会の2016年度における行事毎の活動報告があり、初めに高橋会長より「2016年新入生父母説明会」「第44回道東地区父母会総会」の活動報告を行いました。なお、総会報告の中では、来る6月12日の総会への参加をお願いしました。

続いて、北山茂利副会長より「第6回北海道4地区父母会交流会」の活動報告があり、高橋会長からは「第3回北海道4地区父母会就職懇談会」の活動報告がありました。川平操子会計監査からは「北海道4地区父母会スケートインカレ応援」の活動報告、久保且佳副会長からは「第2回道東地区父母会研修会」の活動報告を行いました。

説明会の終了後は、その場で、参加者全員の記念撮影を行いました。

記念撮影のあとは、ほぼ正午から、同会場にて懇親会に移りました。会場に二つの円卓を設置し、各々のテーブルに新入生父母と役員・在学生父母とが、共通の話題で会話のきっかけを作りやすいように配席しました。高橋会長の挨拶の後、北山副会長の乾杯の音頭で始まり、食の街・スイーツの街・帯広市の味覚を堪能しながらの歓談となりました。

懇親会では、明治大学マンドリン倶楽部のCD音楽を聞きながら、新入生父母の皆さんが和やかになったところで、参加された父母の皆さんから一人ずつ自己紹介や近況報告をしていただきました。父母のお仕事や子供の近況、子供の学生生活の悩みなど様々な内容で、大変興味深いものでした。それに対し、役員・在学生父母からは、ユーモアあふれる意見や大変親身な助言などが出されていました。自己紹介・近況報告などの後は一気に寛いだ雰囲気となり、父母同士の会話が弾み、さらに親睦が深まりました。盛況に進行した懇親会の最後には、参加者全員で円陣を組み、CDの音楽に合わせ、第二の母校である明治大学の校歌を斉唱しました。

懇親会は予定の閉会時間である13時55分に、久保副会長の締めの挨拶と一本締めにより、閉会となりました。

閉会のあと、参加者がそれぞれ帰路に就く中、会場にて更に懇談される新入生父母の姿も多く見られました。また、中には車で3時間以上かかる遠方より参加した父母も数名おり、我が子の教育にかける熱意を感じさせられました。
今年の新入生父母説明会も大変楽しく有意義に終えることができました。新入生父母の皆様にはこの交流を契機として、今後の父母会活動にさらに参加していただければと願っているところです。

  •        
大学支援部父母会連携事務室連絡先
東京都千代田区神田駿河台1-1
(駿河台キャンパス 大学会館8階)
電話 03-3296-4079|FAX 03-3219-6385