ハートアイコン LINEアイコン

神奈川県西部地区

Kanto

【神奈川県西部】東京六大学野球2017春季リーグ戦 対東京大学1回戦 応援会ご報告

平成29年4月8日(土) 神奈川県西部地区の父母6名で2017年度東京六大学野球春季リーグ戦(開会式及び東大戦)の応援に参加しました。この日は朝から雨が降っており、開催が危ぶまれましたが、1時間遅れで無事に開催できることとなりました。

11時過ぎに応援席に着くと応援団の方の声が響き渡っています。
本年度の応援団長は新宅杏子さんという女性で、長い歴史を誇る東京六大学野球の中で、女性の応援団長は初とのことです。いろいろとプレッシャーがあると思いますが、新たな応援団の色を出すことを期待します。

さて開会式では前年度優勝の明治大学の選手たちが優勝旗等の返還を行った後、主将の中野速人選手が選手宣誓をしました。彼は高校時代に楽天の松井選手とともに甲子園に出場しています。昨年は出場機会にほとんど恵まれませんでしたが、本年度は主将として出場する機会が増えるでしょうから、活躍してもらいたいです。

東大の先発は球速150㎞超ドラフト指名が予想されるエース宮台選手で、明大はエース斎藤選手で緊迫した投手戦になるかと予想していました。
明大は四回まではランナーを出すもののタイムリーヒットが出ず、宮台選手に零点に抑えられ、斎藤選手も五回までは無得点に抑え、白熱した投手戦の様相を呈してきました。
五回裏の明大の攻撃で2アウトを取られた後、宮台選手のコントロールが突然乱れ、四連続四球の押し出しで待望の先取点が入り、逢澤、越智両選手の連続タイムリーヒットで合計5点を奪いました。
5点を取ってほっとしたわけではないのでしょうが、6回表に斎藤選手が突然乱れ出し四連打で2点を失い、降板し伊勢選手に交代したものの満塁となってしまいました。
外尾(ほかお)選手が登板し、ダブルプレーで抑えたのは見事でした。
その後六回裏にも明大が1点を追加し、その結果、6対2で勝利を飾りました。
新チームで開会式直後の試合の緊張や課題はあると思われますが、これからの頑張りに期待し、父母会としても全力で応援していきたいと思います。

神奈川県東部地区の父母の方々とご一緒に撮影させていただきました。