ハートアイコン LINEアイコン

神奈川県東部地区

Kanto

【神奈川県東部地区】六大学野球秋季リーグ戦 対立教2回戦 応援報告

10月23日(日)の東京六大学野球秋季リーグ戦 対立教大学 2回戦では、日曜日に優勝が決まることは、めったにないことなので、球場には試合開始前から多くの明治の校友やファンが詰めかけて応援席はぎっしりと埋まっています。紫合戦のメガホンも熱い応援の連続にぼろぼろになります。7回裏に紫のテープが配られると応援席の期待と緊張感が一気に高まります。

  • tokyo_nanbu_image7_161102
    神宮球場
  • kanagawa_tobu_image8_161102
    紫合戦のメガホン

 

ついにその瞬間が来た! 二塁の竹村選手がフライをキャッチすると夕暮れの迫る神宮球場の明大応援席に大歓声が沸き、紫のテープがスタンドで乱れ飛びます。3年ぶり5度目となる春秋連覇です。グラウンドでは選手たちが抱き合い、胴上げ、インタビューと続きます。柳主将の「1回戦で敗退した春の全日本大学野球選手権大会の二の舞は繰り返さない、5年ぶりの明治神宮大会制覇を目指します。」との頼もしい言葉に、応援席からは「頼むぞー。」と声がかかります。最後に優勝したときだけに歌われる「神宮勝歌」を肩を組んで大合唱して、いつまでも優勝の余韻が残る球場を後にしました。
試合は星選手が9奪三振の快投、萩原選手が先制2ランホームランを含む4安打、川口選手が3安打など、最後のシーズンとなる4年生の活躍で追いすがる立教を振り切り6-2の勝利でした。


kanagawa_tobu_image9_161102

優勝決定の瞬間

明治はこのあとも明治神宮大会が控えておりますので、是非スタンドからの応援で選手の皆さんをもり立てて優勝を目指しましょう。


kanagawa_tobu_image10_161102

応援役員

神奈川県東部地区父母会は、今年も様々な応援活動を展開していきます。父母会員の皆様もぜひ、ご一緒にご参加ください。