ハートアイコン LINEアイコン

神奈川県東部地区

Kanto

【神奈川県東部地区】野球部 春季オープン戦応援 及び​ 合宿所見学 報告

日脚も少しずつ延びてきた去る3月18日(土)に、府中市にある明治大学 内海・島岡ボールパークで、上武大学との硬式野球部の春季オープン戦が開催され、神奈川県東部地区父母会からも10名ほどの役員が応援に駆け付けました。

わが明大野球部にとって、昨季は東京六大学野球の春秋のリーグ戦連覇、余勢を駆って明治神宮大会の制覇で大学野球日本一の座を手にし、向かうところ敵なしの感がありました。代があらたまっての今季、有望な新人も入部し、より一層の活躍が期待されます。

上武大学野球部は関甲新学生野球連盟に所属する強豪です。先発の水野投手は制球が定まらず、ストライクを取りにいったところを狙われ、3安打を浴びます。さらに死球とエラーが重なり、初回に3失点を与えてしまいました。明大も2回に連打で2点を返したが後続がなく、1点を追う展開になりました。しかし回は進むも打線がつながらず、その1点が遠い。7回には追加点を許してしまい2対4となり、大勢は決しそのまま試合終了となりました。

  • kanagawa_tobu_image2_170406
  • kanagawa_tobu_image3_170406

 

試合後は野球部のご好意で選手合宿所を見学させていただきました。
明大野球部の創設者である内海弘蔵先生、名将として知られた島岡吉郎監督、歴代の名選手のお写真等を拝見し、栄光の歴史にしばし思いを馳せます。

  • kanagawa_tobu_image5_170406
  • kanagawa_tobu_image6_170406

 
また、パーク内には内海弘蔵先生と島岡吉郎監督の胸像があります。内海先生は神宮球場を、島岡監督はボールパークの第一球場を、その眼差しは見つめています。
明大野球部の歴史はそのまま学生野球の球史に重なります。今年もあらたなる1頁を書き加えてくれることでしょう。

  • kanagawa_tobu_image7_170406
  • kanagawa_tobu_image8_170406

 
マネージャー及びスタッフの皆様、懇切丁寧なご案内とご説明ありがとうございました。 この場を借りてあらためてお礼申し上げます。

一緒に応援しましょう!
今季の東京六大学野球は4月8日(土)の神宮球場で始まります。皆様も是非球場に足を運び、選手たちの渾身のプレーをその眼に焼き付けてください。あなたの汗のひと雫が、腕のひと振りが選手たちを鼓舞し、勝利の道を開くのです。