ハートアイコン LINEアイコン

神奈川県東部地区

Kanto

【神奈川県東部地区】第9回 明治大学連合父母会文学賞 表彰式

2月28日 駿河台キャンパス リバティタワー 23階 岸本辰雄ホール

皆さま、いつも父母会活動にご理解を賜り、ありがとうございます。
明治大学連合父母会文学賞の表彰式に参加して参りましたのでご報告します。

明治大学連合父母会文学賞は、
法律学校を母体とする明治大学が、文学、演劇、芸能の分野にも多くの優れた人材を輩出し、独自の校風を築き、在籍者の意欲的な課外活動を奨励するため、連合父母会の後援によって設立されました。文学賞は2部門とし、それぞれに本学特別功労者の名前を冠して故人の業績を顕彰するとともに、それが投稿者の奮起となることを期待しています。

文学賞は以下の2部門です。
第1部門 倉橋由美子文芸賞 (小説)
  小説 ※詩・評論・戯曲・ノンフィクションは対象としない
第2部門 阿久悠作詞賞 (歌詞)
  歌謡曲・ロック・ポップス・演歌等あらゆる
  ジャンルの『歌詞』

今年の受賞者は
第一部門 倉橋由美子文芸賞
  大賞「泉」文学部4年 青木 久瑠実さん
第二部門 阿久悠作詞賞
  大賞「永遠の楽園」文学部2年 恒石 美幸さん
となりました。

他にそれぞれの部門で佳作が3作品選ばれました。
https://www.meiji.ac.jp/bungaku/info/2017/6t5h7p00000q6a8mm.html
どれも個性的で素晴らしい作品です。

表彰式では
主催者の波多野 連合会長の挨拶
合田 運営委員長の挨拶に続いて
明治大学文学部の越川芳明教授の祝辞
そして、各部門の表彰が行われました。

各部門の講評のあと
阿久悠作詞賞の大賞作品にはボーカルを付けた楽曲にして表彰式の場で、明治大学混声合唱団の合唱で披露されました。素晴らしいメロディーとアレンジで、とても素敵でした。

倉橋由美子文芸賞の大賞作品は、雑誌『ユリイカ』3月号に掲載となっています。

表彰式の後は、祝賀会となりました。
受賞者の学生、選考委員の皆さん、大学の関係者の皆さんと実りあるディスカッションが出来て、とても有意義なひと時でした。

「星胴のアルゴノルツ」で倉橋由美子文芸賞 佳作を受賞した伊藤 快さんは、神奈川県東部地区在住でした。 嬉しいですね。おめでとうございます。

受賞者のみなさんと父母会のメンバーとで記念撮影を行いました。

神奈川県東部地区父母会は、スポーツだけでなく、文芸や芸術分野も含めて、幅広く明治大学と学生を応援して参ります