埼玉県西部地区

  •        
2019年11月8日

【埼玉県西部地区】第96回箱根駅伝予選会 応援会報告

埼玉県西部地区父母会では、10月26日(土)に立川・昭和記念公園で行われた、第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会の応援会を実施しました。
台風の爪痕が大きく残るなか、前日も記録的な大雨となり気を揉みましたが、レース直前には強い日差しが降り注ぎ始め、気温もぐんぐん上昇、季節外れの暑さという過酷な条件のもと、各大学の応援団とチアによる熱気でスタート前から緊張感が高まる中、役員9名、一般会員3名の計12名で、明治大学の予選突破を願い応援しました。

  • saitama_seibu_image2_191108
  • saitama_seibu_image1_191108

 
予選会は1大学最大12名の選手がハーフマラソンを走り、各校上位10名のタイムの合計で競います。今年は43校が参加し、上位10校が本選の出場権を獲得できます。
選手たちは9時35分に自衛隊立川駐屯地をスタート、JR立川駅北側の市街地を通り、国営昭和記念公園までの21.0975キロメートルを駆け抜けました。
明治大学父母会では各地区がコース沿道に立ち、紫紺のバルーンを手に選手の力走に熱い声援を送りました。
大学の名を背負い一生懸命に走る姿を目の当たりにし、全ての選手が日頃の厳しい練習の成果を発揮できることを願わずにはいられませんでした。

  • saitama_seibu_image4_191108
  • saitama_seibu_image3_191108

 
緊張の結果発表、4番目に「明治大学」が呼ばれると、大きな歓声に続いて拍手が沸き起こりました。
本選出場が決まり、選手たちにも安堵の笑顔が溢れます。
明治大学最速で走り抜いた手嶋杏丞選手(2年、情コミ)にインタビューを行ったところ、「今日はイケる!と走る前から思っていました。先頭組で走っていこうと最初から考えていました。箱根駅伝までに他の大会もあります。頑張ります。これからも応援をよろしくお願いします。」という力強いコメントを頂きました。

  • saitama_seibu_image6_191108
  • saitama_seibu_image5_191108

 

1月2日スタートの本選は、シード権を得ている前回大会上位10校に加え、予選会を突破した10校、および関東学生連合チームの全21チームで開催されます。
今回は走る姿を見ることができなかった主将の阿部弘輝選手(4年、政経)と副主将の三輪軌道選手(4年、理工)の走りに期待です。
当地区父母会では、山本監督以下、チーム一丸となって最大限の力を発揮することを願い、1月3日本選復路の応援会を企画しています。
会員の皆さま、紫紺のユニフォームで力強く疾走する選手たちを間近で応援しませんか。
応援会詳細につきましては、このホームページ上で後日お知らせいたします。皆様お誘いの上、どうぞお気軽にご参加ください。

明治大学埼玉県西部地区父母会では、年間を通じて学生の活動を応援する催しを企画しています。
是非、父母会HPをご覧いただきまして、皆様お誘いの上、お気軽にご参加ください。

  •        
大学支援部父母会連携事務室連絡先
東京都千代田区神田駿河台1-1
(駿河台キャンパス 大学会館3階)
電話 03-3296-4079|FAX 03-3296-4500
お住まいの地区を選択してください