ハートアイコン LINEアイコン

東京都多摩地区

Kanto

第98回箱根駅伝予選会 Web応援会報告

日頃より、父母会活動へのご理解、ご協力をいただきまして誠にありがとうございます。

2022年10月23日(土)、東京都多摩地区父母会では初の試み【箱根駅伝予選会 Web応援会】を行いました。
PC画面、スマホ画面越しからではありましたが、皆さまの熱い想いが選手にも伝わり、明治大学競走部は、見事に予選会を堂々の1位で通過いたしました。

Web応援会にご参加いただきました皆さま、応援本当にありがとうございました。

レース後の山本監督のお言葉を紹介します。
「ほっとしている。選手には集団走ではなく、自分達のターゲットタイムを目指して走るよう伝えていた。本戦ではこれをバネに良い結果を目指す。レース前、下馬評でトップ通過と言われていたが、その通りに選手が力通り走ってくれた。」
また、予選会の収穫としては、
「力通りの走りをして1位通過できたこと。長年、明治の課題は力を発揮できないということだった。それを克服できたと思う」
と語られています。

【レース概況】
外国人留学生が先行するスピードレースの展開を予想していましたが、風の影響により5キロ過ぎまでは膠着状態。
5キロ通過時は、立教大学が10人通過タイム1位。明治は選手全員落ち着いた走り。
10キロ通過以降は、明治が盤石なレース運びにより見事1位でゴール。
チームトップでゴールしたのは3年生の加藤選手。注目の1年生小﨑選手もチーム10位と大健闘。

多くの選手が自己ベストを更新しチーム全体の仕上がりの良さが分かる予選会でした。駅伝シーズン本番に向け、幸先の良い一歩を踏み出しました。

レース後の選手へのインタビュー内容は、「明スポWEB」内の特集記事「競走部 紫走堅固」に掲載されています。

https://meisupo.net/special/list/61

「自己採点95点!ほぼ完璧なレースができた」という選手から、「自己採点50点ぐらいが妥当かな」という選手まで、本音のインタビュー内容となっております。是非ご覧ください。

更に、明治大学競走部は、11月7日(日)に開催されました「第53回 全日本大学駅伝」においても、7位となり、来年のシード権を獲得しています。
こちらのインタビューも上記の「競争部 紫走堅固」に掲載されております。

全日本大学駅伝は、箱根駅伝予選会から僅か2週間後のレースでしたが、明治には底力があることを証明した走りとなりました。
箱根駅伝本戦まで、残すところあと僅かですが、調整をしっかりとしていただき、10区間の全選手が実力を十分に出し、大手町のゴール地点にて明治の襷が上位で駆け抜けることを願いましょう。

11月13日の競走部ツイッターには、「箱根駅伝まであと50日。1日1日を大切に練習に励んでいきます。」とあります。
期待できますね。

激戦が予想される箱根駅伝本戦は、2022年1月2日(日)、3日(月)です。
箱根駅伝公式ホームページ未発表ですが、沿道での応援自粛を求めるとの報道もございます。
皆さん、安全・安心を第一にTV画面越しにがんばる明治大学競走部の皆さんを全力で応援していきましょう。

今後も東京都多摩地区父母会は、がんばる明大生の応援、支援に取り組んでまいります。

(報告:丸山)

(明大スポーツ新聞 記事のご紹介)

加藤激走!2位に4分以上の大差をつけ総合1位で箱根路へ/東京箱根間往復大学駅伝予選会 | 明大スポーツ新聞部 (meisupo.net)