東京都多摩地区

  •        
2018年11月2日

【東京都多摩地区】第95回箱根駅伝予選会 応援報告

祝 箱根駅伝予選会 5位通過!
2年ぶり60回目の箱根駅伝出場が決定しました。
 

10月13日土曜日。 9時35分。天候は曇り、気温は16.5℃。ここ数日より2~3℃気温が下がり肌寒いなか、21.0975km先のゴールを目指し1時間を超える熱い戦いが始まりました。

出場39校中、箱根駅伝の出場資格を得られるのは1/3以下の11校(記念大会のため増枠)です。各チーム12人まで出場可能で上位10人の合計タイムで順位が競われます。
なお、今回から参加資格が10,000mで34分以内の公認記録のある選手のみとなったため、参加校が前回より10校減り少数激戦となりました。

多摩地区父母会では父母会員やご家族など、総勢176名の方に応援に駆け付けて頂きました。応援マップをお配りし、応援ポイントでの応援、またそれ以外の場所でも応援をして頂きました。


tokyo_tama_image2_181102

応援に向かう人たち

17.5km付近での応援ポイントでは、多摩地区以外に都内別地区や栃木県から応援に駆け付けた父母会員の方と一緒に応援しました。颯爽と走る選手、苦しそうに顔を歪ませながら走る選手、目の前を選手が駆け抜けるのを見るのはTVでは味わえないような臨場感でした。勿論明治の選手が通ったときは大声援です。

桜美林大学のケニア出身の留学生選手がトップを快走。2位グループは順天堂大学のオリンピック出場経験のある選手がグループを引っ張ります。その2位グループでは我らが明治大学の阿部選手が力走しています。
他の明治の選手達はペースを合わせて走っており、10km通過タイムは、なんと5人の選手が30分12秒の同タイムでした。

トップでゴールしたのはケニアからの留学生選手で1時間00分44秒。阿部選手はトップから1分32秒遅れの8位。1時間02分16秒でゴール。素晴らしい記録でした。

その後も明治大学の選手たちが助け合いながら次々にゴール。1時間3分台の約15秒間に4人、1時間4分台の約20秒間に4人と次々にゴールしました。上位での予選通過が期待されます。

そして、「みんなの原っぱ」に移動しての結果発表。見事5位(合計タイム10時間41分06秒)に入り箱根駅伝本戦への出場が決定。歓喜の瞬間となりました。


tokyo_tama_image6_181102

喜びのインタビュー 後ろに多摩地区父母会も

因みに公式のリザルトを見ると、勝負に影響する10人の着順は8位~138位(総勢457人)と、上位1/3に入っています。箱根駅伝本戦でもチームの力を結集した力走に期待しましょう。
歓喜の余韻を残しつつ、ご都合のつく方々で応援会後の懇親会へ移動しました。いつも以上にお酒を美味しくいただけたのは言うまでもありません。

箱根駅伝の詳細にご興味のある方は以下のサイトにアクセスしてみて下さい。
http://www.hakone-ekiden.jp/s/primary.php

なお、多摩地区父母会では
12月2日 ラグビー応援会(対早稲田大学)
      (残念ながら多摩地区父母会での申し込み受付は終了しております)
1月3日 箱根駅伝復路応援会(詳細は、決まり次第HPでお知らせ致します)も実施予定です。

これからも、頑張る明大生を皆で応援していきましょう。

(報告:岡田、撮影:並木・望月)

  •        
大学支援部父母会連携事務室連絡先
東京都千代田区神田駿河台1-1
(駿河台キャンパス 大学会館3階)
電話 03-3296-4079|FAX 03-3296-4500