ハートアイコン LINEアイコン

千葉県東部地区

Kanto

【千葉県東部地区】関東大学サッカーリーグ戦応援会の開催報告(対東京国際大学)

 関東大学サッカーリーグ戦1部において、明治大学が熱戦を繰り返しています。
 明治大学千葉県東部地区父母会では、6月30日(土)に関東大学サッカーリーグ戦応援会を開催しました。試合は、明治大学対東京国際大学戦、会場は、味の素フィールド西が丘です。

 当日は、関東大学前期リーグ戦の最終戦であり、また、集中応援日ということもあって、非常に暑い日ではありましたが、明治大学応援団をはじめ、多くの学生、父母が応援に駆けつけました。
 ここで勝って、首位の早稲田大学との勝ち点差を縮め、後期リーグ戦へ弾みをつけて、優勝に近づきたいところです。
 13時40分頃、両チームがグランドで練習を始め、応援席に勝つぞという意気込みが伝わってきます。


chiba_tobu_image1_180704

試合前の選手の集合写真


chiba_tobu_image2_180704

応援席

 試合は、14時キックオフです。
 ホイッスルが吹かれ、試合が開始されました。前半は明治大学が攻め続けていましたが、なかなか決定的なチャンスが生まれません。

 自陣ペナルティエリア近くでフリーキックをあたえてしまい、前半22分、東京国際大学に先制されてしまいました。
 がんばれー!明治大学!
 先制されてすぐの前半28分、FW村田選手のシュートが決まり、待望の得点です。1対1です。
 その後、明治大学が攻め続けますが、なかなか追加点を取ることができずに、ハーフタイムに入りました。


chiba_tobu_image3_180704

前半(このフリーキックで得点を許してしまいました)

 ハーフタイムには、明治大学OBプロ選手のサイン入りグッズが当たる抽選会と明治大学チアリーディング部JESTERSによるハーフタイムショーがありました。
 抽選会は、残念ながら当たりませんでしたが、明治大学チアリーディング部JESTERSは素晴らしい演舞で、観客を魅了していました。

さあ、後半のスタートです。
 ところが、後半4分、キーパーが飛び出たところをかわされて、東京国際大学に追加点を許してしまいました。1対2です。
 まだまだ時間がある。
 明治大学が攻め続けます。

 後半も半分くらい過ぎた後半27分、MF小野選手が蹴ったコーナーキックからDF袴田選手のヘディングシュートが決まりました。2対2の同点です。
 やったー!応援席が盛り上がります。

 その余韻が収まらない後半31分、FW小柏選手のドリブルから豪快なゴールを決めました。3対2です。
 さらに、応援席が盛り上がります。

 ところが、後半36分、コーナーキックから得点を許し、同点になってしまいました。
 明治大学の選手は、勝ち点3をとるため、最後まで諦めず走りましたが、試合終了のホイッスル。惜しくも引き分けで終わりました。


chiba_tobu_image4_180704

後半、攻め続ける明治大学

 会場から、両チームの健闘に大きな拍手がありました。両チームが得点を取り合うシーソーゲームで、非常に見ごたえのある試合で、応援に来られた会場の皆さんも満足そうな顔をしていました。


chiba_tobu_image5_180704

両チームの選手が健闘を称え合い握手

 試合は、引き分けではありますが、リーグ後半戦につながる良い試合だったと思います。今後の活躍を期待したいと思います。
 千葉県東部地区父母会では、明治大学体育会サッカー部の優勝を願い、今後も関東大学サッカーリーグ戦を応援していきたいと思っています。


chiba_tobu_image6_180704

試合結果(3対3の引き分けでした)

 千葉県東部地区父母会では、今後も、東京六大学野球応援会や箱根駅伝予選会応援会などスポーツ応援会を開催します。当ホームページで開催案内をしていますので、千葉県東部地区の父母の皆様、ぜひ、ご参加ください。