ハートアイコン LINEアイコン

神奈川県西部地区

Kanto

第20回明治大学シェイクスピアプロジェクト 11月4日〜6日 「ハムレット」鑑賞報告

毎年11月に明治大学駿河台キャンパスアカデミーホールでシェイクスピア作品を上演する日本最大規模の学生演劇団体「明治大学シェイクスピアプロジェクト」(通称MSP)

第20回目の節目となる今年の公演は数あるシェイクスピア作品を代表する四大悲劇の一つ「ハムレット」。

昨年より観客制限のない形での有観客公演が実現し、今年も客席は満席に近い状況となり大盛況でした。また千秋楽公演は生配信され会場に直接足を運べない人も鑑賞する事ができました。
今回、私達明治大学神奈川県西部地区父母会メンバーは11月5日12時からの部を鑑賞して来ました。

時代も国も超えて繰り返し上演され続けてきたデンマーク王子ハムレットの復讐劇。差別と不正が蔓延しているデンマーク宮廷で不正を正そうとするハムレットの悲劇を200人もの明大生が携わり上演しました。

父であるデンマーク国王が亡くなり深く悲しみ喪に服している中、ハムレットの母・ガートルードは父の弟で現国王となったクローディアスと再婚する。母の心変わりの早さを目の当たりにし周囲の人間への猜疑心が強まるハムレット。そんな中親友から死んだはずの前国王の亡霊が出るとの話を耳にし対面する。そして亡霊の口から衝撃的な事実が告げられ狂気という鎧をまとい復讐へとひた走るハムレットにデンマーク王室が巻き込まれていくと言うストーリー。

2時間半という長舞台のなか悲劇でありながらもクスッとわらってしまう場面もあり終始引き込まれました。
途中客席通路を走り抜ける場面には驚きと歓声があがりました。学生達の公演に賭ける思い、意気込みに終始感動していました。
進化し続けるMSP、鑑賞後には少しだけ世界が変わるような体験ができた気がしました。また次回の第21回も楽しみです。

今後も様々なイベントの応援企画を開催します。皆様の参加をお待ちしております。
イベント・企画にお手伝いいただけるサポーターの輪もどんどん広がっています。
ご興味がある方は kanaseinew@gmail.com までご連絡をお待ちしております。

※神奈川西部地区は、神奈川県の下記の市町村です。
相模原市、大和市、綾瀬市、座間市、厚木市、海老名市、伊勢原市、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市、小田原市、南足柄市、愛川町、葉山町、寒川町、大磯町、二宮町、中井町、松田町、山北町、開成町、真鶴町、箱根町、湯河原町、清川村