ハートアイコン LINEアイコン

神奈川県東部地区

Kanto

【神奈川県東部地区】関東大学アイスホッケーリーグ 明治大学vs東洋大学戦 応援報告

11月23日(祝・水) ダイドードリンコアイスアリーナ

「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケー。
関東大学アイスホッケーリーグ戦は、以前は新横浜でも試合が行われ、神奈川県東部地区父母会でも応援に行っていましたが、その後、リーグ戦は東伏見のみでの開催になってしまいました。
今回は父母会有志の呼びかけで、ダイドードリンコアイスアリーナまで応援に来ました。

観戦した試合は、関東大学アイスホッケーリーグ ディビジョンⅠ グループAの明治大学vs東洋大学戦。
最終戦を前にした、2位の明治大学と3位の東洋大学の試合であり、首位を狙う明治にとっては絶対に負けられない一戦です。

試合は序盤から息をつかせぬ激しい展開でした。
声援を送る我々の前で、試合は明治のペースで進み、第1ピリオド序盤に先制点を取ったのは明治のFW府中裕也選手(商2、武修館)。
この先制点の直後には、工藤翔介選手(政経4、北海道栄)が得点を決め、続く第2ピリオドでもFW松本昂大選手(商2、北海道清水)、京谷充洋選手(政経1 北海道清水)、府中裕也選手と計5得点を決めます。
第3ピリオドでは、東洋から2点を取られたものの、5-2で明治が勝利しました。

  • kanagawa_toubu_image2_161202
  • kanagawa_toubu_image3_161202
  • kanagawa_toubu_image4_161202

 

熱い試合だけあって、反則数は明大が8、東洋大が9とかなり激しい試合でしたが、明治は相手の反則を生かしてうまく得点に繋げました。
寒い日のアイスアリーナの中での応援でしたが、氷上のリンクの中では熱い戦いが繰り広げられ、明治が優勝に期待を繋げる大事な一戦を勝ち取りました。