ハートアイコン LINEアイコン

埼玉県西部地区

Kanto

【埼玉県西部地区】 空手道競技大会応援報告

 11月18日(日)日本武道館において、第62回全日本大学空手道選手権大会が開催され、応援に行ってまいりました。今回は埼玉県西部地区父母会からだけではなく、埼玉県東部地区父母会、 東京都南部地区父母会の方々も応援に駆けつけてくださり、総勢12名で熱い声援を送りました。 この大会は団体戦のみの試合です。明治大学は8強入りを目指して、組手の部に出場しました。試合結果は下記の通りです。

【一回戦】
明治大学 VS 中京学院大学
2-1
先鋒 佐々木 京也 ○
次鋒 久野 晴希 △
中堅 田村 仁 ○
副将 伊藤 博樹 ×
大将 清水 一歩 △

予想通り勝負は紙一重となった一回戦。東海地区チャンピオンを相手に辛勝。

 
【二回戦】
明治大学 VS 青山学院大学
3-1
先鋒 久野 晴希 ○
次鋒 佐々木 京也 ○
中堅 清水 一歩 ×
副将 田村 仁 ○
大将 伊藤 博樹

二回戦は関東勢同士。最近勢いのある青山学院大学に勝利!

saitama_seibu_image2_181218

 
【三回戦】
明治大学 VS 京都産業大学
3-0
先鋒 佐々木 京也 ×
次鋒 久野 晴希 ×
中堅 清水 一歩 ×
副将 田村 仁
大将 伊藤 博樹

三回戦の相手は、この大会昨年度の覇者、京都産業大学。奇跡を信じ、力の全てを出して戦っていましたが、完敗…悔しくもあり残念でもありました。

目標にしていた8強には届きませんでしたが、選手一人一人が前へ前へと攻めた素晴らしい戦いぶりでした。「明治は一つ」の思いで応援してくださった父母会のみなさんのおかげだと思います。
私事になりますが、この大会は、5歳から空手を始めた息子の学生最後の試合でした。父母会のみなさんの声援を受けて戦うことができ、幸せだったと思います。有終の美を飾ることはできませんでしたが、明大スポーツのインタビューに「悔いはない。」と語っていた息子の清々しい姿に安堵しました。
4年生はこの大会で引退となりますが、「勝ちて和す」の精神を後輩達につなぎ、「明治はひとつ」の思いで見守ってくれることでしょう。空手部がこれからますます強くなることを父母会一同お祈りしております。
埼玉西部地区父母会では、これからもより多くの会員の皆様と一緒に、明治大学と明大生を応援して
いきます!

運営委員 4年 清水 裕代