ハートアイコン LINEアイコン

東京都西部地区

Kanto

【東京都西部地区】9月22日(土)野球応援会のご報告

2018年10月1日

「東京都西部地区」9月22日(土)野球応援会のご報告
東京六大学野球2018秋季リーグ明治対慶応戦

 9月22日(土)に東京六大学野球2018秋季リーグ、明治対慶応の応援会を神宮球場、応援席にて開催致しました。
 前日から降り続いていた雨がまだ残る中での試合開始となりましたが、次第にお天気も回復し、時折晴れ間も覗く1日となりました。
 あいにくの空模様にも拘わらず、東京都西部地区からは約130名もの皆さんが応援会にご参加くださいました。
 予め応援会にお申し込みいただいた皆様には、記念品として明治大学父母会の紫紺マフラータオルをお渡し致しました。

  • tokyo_seibu_image1_181101
  • tokyo_seibu_image2_181101

 

そして、東京都連合父母会の他4地区(東・南・北・多摩)の皆さんと共に明治の応援席スタンドを紫紺色に染めることが出来ました。

この日の先発は1年生の竹田投手。
試合は、2回表に今季リーグ戦初スタメン、北本選手のソロホームランで明治が先制!
しかし、このあとは竹田投手の好投にも拘わらず得点に結び付きません。
6回表に竹田投手に代わり、2年生の入江投手が入ります。
ここで、相手のヒットがつながり6回表に同点とされてしまいます。

  • tokyo_seibu_image4_181101
  • tokyo_seibu_image5_181101

 

 8回裏の明治の攻撃。相手のエラーとヒットで、1アウト1、3塁のチャンスを迎えてクリーンアップに打順が回りますが、そのチャンスを生かす事が出来ないままチェンジ。
 その後、9回表に、相手にホームランを打たれ1点を勝ち越されてしまいます。
 この後は、2年生の石毛投手、4年生の高橋投手がおさえて9回裏の明治の攻撃に。
 明治も粘りを見せ、1アウト1、2塁のチャンスを迎えます。しかし、またもやチャンスを得点に結びつけることが出来ず試合終了。
 今季リーグ戦が始まってから、まさかの3連敗という結果になってしまいました。
 試合結果は残念でしたが、今回も力いっぱいのプレーを見せてくれた明治大学野球部、そして試合中、一生懸命に走り回り、声をからして応援を盛り上げてくれた応援団の皆さんに沢山のパワーを頂きました。
 今回の応援会にご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 今後も東京都西部地区父母会では講演会、演奏会、スポーツ応援など様々な企画をご案内して参ります。
 沢山の皆様のご参加をお待ちしております。