ハートアイコン LINEアイコン

東京都多摩地区

Kanto

【東京都多摩地区】祝 箱根駅伝予選会堂々2位通過!~第93回箱根駅伝予選会 東京都多摩地区父母会応援会報告~

10月15日土曜日。銀杏並木が色づきはじめ、秋の装いになりはじめた国営昭和記念公園で第93回箱根駅伝予選会が開催されました。
我らが明治大学競走部も予選通過に向けて激しい練習を重ねてきたと思います。そこで昭和記念公園がお膝元となる東京都多摩地区父母会では現役父母会員のみならず卒業されたOBOGの元役員にも応援の依頼をして多摩地区だけでも総勢184名の応援隊を結成できました。
当日は多摩地区父母会員の飛び入りの参加も多数あり200名近い父母が幟や応援グッズを持って思い思いの応援ポイントに向かいました!!


tokyo_tama_image1_161025

【受付準備で役員集合】


tokyo_tama_image2_161025

【東京ドーム約40倍の昭和記念公園は、移動もハイキング並み】

スタート地点は公園に隣接する陸上自衛隊の立川駐屯地の飛行場からです。飛行場を周り昭和記念公園から一旦市街地に出て、また昭和記念公園に戻って来ると言う全長20kmのコースです。駅伝の予選ですが1チーム12名が全員同じコースを同時に走り上位10名の合計タイムで競われます。今年は50校が参加し上位10校がお正月の箱根を走ります。スタートでは600名一斉に走る瞬間は圧巻です。本番もそうですが予選会でも古豪が敗れるなどドンデン返しのドラマがあります。私達応援隊も自然と緊張してきます。


tokyo_tama_image3_161025

【イケー!メ・イ・ジ・ー! 応援隊も他の大学には負けられません!】


tokyo_tama_image4_161025

【好スタートをきった明大競走部】


tokyo_tama_image6_161025

【ぬけー!いけー!がんばれー!通過は一瞬ですが大声援を送ります】

要所で激しいデッドヒートが繰り返され、選手たちは昭和記念公園に戻ってきました!

私はラストスパート付近で応援し、ライバル校より早く来た明大選手12名を見送った後、
ゴール兼結果発表会場の「みんなの原っぱ」に向かいます。すでに「みんなの原っぱ」は各大学の幟でいっぱい。ワクワクしながら結果を待ちました。
結果はご存知の通り堂々2位で予選通過。既に決まっているシードの10校、本日予選通過の10校でお正月の箱根駅伝に参加します。


tokyo_tama_image7_161025

【緊張の結果発表会「第2位、明治大学」で大歓声が上がります】


tokyo_tama_image8_161025

【競走部選手、スタッフの皆さんお疲れ様でした。本戦も期待しています!】


tokyo_tama_image9_161025

【結果発表の「みんなの原っぱ」で記念撮影、皆さん安堵の笑顔】


tokyo_tama_image10_161025

【父母会現役・OBOG混じっての楽しい祝勝会】

本戦では私達、東京都多摩地区父母会も復路の日本橋付近にて応援を予定しております。
ぜひ一緒に応援しましょう。詳細はまたHPでご案内します。
応援打ち上げ会が祝勝会となり現役会員のご父母、卒業のご父母とも懇親でき秋の夜長を心地よく過ごせたのは言うまでもありません。
【報告 波多野】